headband

妊娠したいときにすること



妊娠したいときにすること

いつの間にか妊娠をしていたということもありますが、妊娠したいから計画的に考える人もいます。

そういったときには、いくつか気をつけることがあります。

その一つとして、基礎体温です。

基礎体温を毎日、計測しておくことで、排卵日を知ることができます。

ほかにも、毎日測ることで自分の体調を知ることもできます。

また、生理周期も把握することにも役立てることができます。

基礎体温の測り方として、1日で1番安静しているときである起床時に測ることが大切になります。

口の中で測ることで基礎体温がわかります。

基礎体温には、月経周期に合わせて、低温期と高温期に分類することができます。

月経から排卵までは低温期になります。

排卵日にはさらに基礎体温が下がるのが正常になります。

排卵日から翌日からは、高温期になり、そのときに、妊娠していないと次の月経のときに体温が下がります。

しかし、そこで妊娠した場合には、予定の月経になっても高温期が続いていきます。

基礎体温は妊娠中のトラブルを見つけるために基準になります。

妊娠をしたからといって基礎体温を測ることをやめるのではなく、継続して測ることが大切になってきます。



また、妊娠したいときには、妊娠しやすい環境を作ることも必要になってきます。

妊娠しやすい環境は、食生活にあります。

生活をしていると、面倒臭くて朝食を抜く人がいます。

またインスタント麺やファーストフードなどで済ます人もいます。

そういった食事をとることでバランスの悪い食事をすることになります。

ここで妊娠したいと考えているなら、妊娠とは限らず、ほかの病気になる可能性があるので、食生活を改善することが必要になってきます。

お腹にいる赤ちゃんにとって必要な栄養素や炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル、油脂類を バランス良くしっかりと取り入れることが必要になってきます。

また、ゆっくりと落ち着いた雰囲気で食事をとることが妊娠への気遣いになります。



妊娠するためには、セックスも大切になってきます。

妊娠を考えている場合には、排卵日当日にセックスをするよりも前日に行う方が効果的です。

排卵日を知るためには、産婦人科やクリニックなどで検査をすることが必要になります。

妊娠がしたいときには、はじめに、産婦人科などで検査を受けて妊娠しやすい体質なのかを知ることが大切です。

妊娠がしにくい場合でもしっかりと妊活をすることができるので、安心することができます。


卵子 質 上げる

結婚し妊娠したいと考えたら、早目に婦人科検診を受けよう。



結婚し妊娠したいと考えたら、早目に婦人科検診を受けよう。

近年は、晩婚化が進んでいることによって、子供の数も少なくなっており、少子高齢化が非常に深刻な問題だとされています。

女性に取って、妊娠、出産はとても大切な問題で、結婚すれば自然に子供ができると思いこんでいる男女も多いですが、最近ではなかなか子供ができずに悩んでいる夫婦も多く、不妊治療なども推奨されるような時代となっています。

結婚し、妊娠したいという考えを持っているのであれば、出来るだけ早めに行動を起こすことが大切で、体力が必要とされる子育てを考えても、少しでも年齢が若いうちに妊娠することが好ましいといえます。

妊娠したいと考えている男女が、継続的に夫婦生活を送っており、避妊もせずに性行為を行っていて、二年経っても妊娠しない場合は不妊症だといわれていますが、この不妊症には女性側に問題がある場合、男性側に問題がある場合、その他の原因不明の理由によって妊娠しない場合もあり、これは医療機関で様々な検査をしなければ特定できないものです。

検査によって何らかの原因が突き止められた場合、その治療を行ったりという流れとなりますが、まずは、妊娠したいという考えがあるのであれば、女性は婦人科検診を受け、女性生殖器に何らかの異常がないのかどうかをきちんと検査し、排卵日などに合わせてタイミングを計りながら子作りをしていきましょう。

こういった意識だけでも、自然妊娠する確率はぐんと上がり、夫婦で不妊治療などを受けなくても子供が授かれるものです。

しかし前述したように、この流れで二年たっても妊娠しない場合は、夫婦で専門の不妊外来のあるクリニックで相談することをお勧めします。

また、女性の年齢によっては、二年も待たずにすぐにスタートしたほうが良い場合もあるので、晩婚の女性であれば結婚と同時に子作りを強く意識することも必要です。

まったく体に異常がない男女が、排卵日に合わせて避妊をせずに性交しても、妊娠する確率は二十パーセントであるという統計も上がっていることからもわかるように、妊娠し、その妊娠が継続し、無事に出産するという当たり前とも思えることが成し遂げられるのは、かなり低い確率であることが想像できます。

その為にも、大切な母体となる仕事を担う女性は、自身の体には細心の注意を図り、特に自身の生理周期などには常に意識を向けておくようにしましょう。

その為にも基礎体温を計り、ホルモンバランスが崩れないような生活を送ることは大切なことなのです。


妊娠 サプリ おすすめ

妊活の身体づくりには食生活を気を遣うことが大切!



妊活の身体づくりには食生活を気を遣うことが大切!

妊活では妊娠しやすい身体をつくる必要がありますが、その基本となるのが食生活を気を遣うということです。


独身時代は食生活が偏りがちだったという方も、妊活を始めたら毎日しっかりと栄養バランスの良い食生活を心がけ、妊娠に向けた身体づくりをしていきましょう。



妊娠しやすい身体づくりをするには毎日朝・昼・晩の食事を規則正しく食べることが大切ですが、特に妊活をしているときに不足しないようにしたいのが葉酸です。


葉酸は細胞分裂に関わる栄養素で妊娠初期に不足すると赤ちゃんに先天性の障害が生じるリスクが高まるので、厚生労働省は妊活をしている女性に対し、1日400μg(0.4mg)の葉酸を摂取することを推奨しています。


これは普通の人が摂取する量よりも非常に多く、食事だけで摂るのは難しいので、市販の葉酸サプリを活用するのがお勧めです。



一方、全身の血行が悪かったり、冷え性だったりすると妊娠しにくい体質になってしまうので、毎日適度な運動をして血液循環をよくするとともに、血流をスムーズにする食生活を心がけることが大切です。


たとえば、女性は鉄やカルシウムなどのミネラルが不足しやすく、これらが不足すると貧血になったり、血圧が不安定になったりするので、ミネラル豊富な海藻類を毎日の食事に取り入れてしっかりと補給しましょう。



また、血流をスムーズにするにはDHA・EPA、α-リノレン酸などのオメガ3脂肪酸という不飽和脂肪酸を多く含む食品を積極的に摂取するのが効果的です。


オメガ3脂肪酸は、鮭や青魚、亜麻仁油・えごま油などに多く含まれており、血流の悪化を招く脂肪異常症(高脂血症)や高血圧を改善するとともに、血小板の凝集を抑えて血栓ができにくくする効果が期待できるので、妊娠後に摂取すると赤ちゃんの健全な成長や母体の健康にも貢献してくれます。


これに対して、肉の脂身や生クリーム、バターなどに多く含まれる飽和脂肪酸を摂り過ぎると、血流を悪化させる血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が増加しやすくなるので、妊活している女性や妊娠中の女性はできるだけ控えましょう。



なお、生姜が身体を温める効果があることは広く知られていますが、特に身体を温める効果が高いのが生姜を乾燥させた乾燥生姜です。


生姜は乾燥させるとジンゲロールという成分の一部がショウガオールという成分に変化し、これらの相乗効果で身体を内側から温めて冷えを改善してくれます。


最近は乾燥させた生姜を粉末化したパウダーがネット通販などで販売されているので、頑固な冷え性でお悩みの方はこうしたものを購入し、紅茶や温めた牛乳などに溶かして飲むのがお勧めです。


ララリパブリック 葉酸
pagetop